結婚相談所にかかる費用のそれぞれの意味とは?後悔しない結婚相談所選び

結婚相談所にかかる費用のそれぞれの意味とは?後悔しない結婚相談所選び

結婚相談所の費用は高い、というイメージがあることで自然と敬遠をしている方もいます。結婚相談所でかかる費用の内訳や、それぞれの意味にはどのようなものがあるのでしょうか?無料、格安を謳っている結婚相談所の理由や、後悔しない結婚相談所選びのコツを紹介いたします。

目次

近年における結婚相談所のイメージ

Close-up of groom holding brides hand

婚活は年頃の独身の男女が結婚相手を探すために行うもの、というイメージはすっかり定着しましたが、どちらかというといわゆるファスト婚活と呼ばれる、すぐ参加できる、簡単に行える、費用が少なく行えるタイプの手段が主流といわれています。 ファスト婚活、という名前からもお分かりのように、手軽に誰でも行える分、結婚を真剣に考えている方に出会いにくい、既婚者や遊び目的の人が紛れ込んでいるといった難点もあります。 婚活の中で最も成婚率が高い手段は結婚相談所なのですが、以前からあった費用が高い、敷居が高い、なんとなく入りづらい、というイメージがいまだに根強く残っています。 また、無料もしくは格安で行える婚活に慣れている方にとっても、やはり結婚相談所はとても高いものに思えてしまいます。

結婚相談所のタイプとは?

「結婚相談所」にも、実はいくつかのタイプに分かれていることはあまり知られておらず、婚活をしている当事者でも混同されていることもあります。 タイプのひとつは仲人型と呼ばれるもので、昔ながらの仲人さんが会員同士の紹介を行い、お見合いの引き合わせも行っており、お見合いの場所に同行をすることもあります。 比較的小規模で、地域に根差している昔ながらの結婚相談所が多いです。 もうひとつが、結婚情報サービス、もしくはデータマッチング型と呼ばれるタイプです。 非常に多くの会員が在籍しており、会社独自のデータシステムによるマッチングを行い、会員同士の紹介を行います。 専任のアドバイザーが付き、カウンセリングやアドバイス、悩み相談などを行いますが、基本的には、自分で条件に合う異性会員を探してアプローチし、お見合いの段取りなども自分で行うことが必要となってきます。 雑誌やテレビのCMなどで良く知られていたり、大手企業が手掛けている結婚相談所は、ほとんどがこの結婚情報サービス型となります。 出会いの場がとても多いことや、全国に店舗を持っているため転勤になっても継続ができたり、遠距離での婚活を考えている方にも対応ができるなど、手厚いサポートが受けられることが特徴です。 タイプによってかかる費用も違ってきますし、内訳も異なります。

結婚相談所の費用の内訳

結婚相談所での活動にかかる費用のうち、主なものは入会金・初期費用、お見合い料、月会費、成婚料があります。

入会金・初期費用

入会金・初期費用は、その結婚相談所のデータベースにプロフィール情報を登録するために必要な費用です。 小規模の仲人型結婚相談所でも、結婚相談所の連盟に加盟をしているところが大半ですので、データベースに登録することで、同じ連盟に加盟をしている全国各地の結婚相談所の会員からプロフィールが検索されるようになるのです。 結婚情報サービス型では、入会時に面談・カウンセリング、写真撮影などを行い、さらに提出された収入証明書や卒業証明書、独身証明書などを基に、自分自身のプロフィールの確認と、お相手に対する希望条件について、アドバイザーによる詳細なヒアリングが行われます。 このヒアリング内容がプロフィールに反映され、アドバイザーによる紹介文なども作成されます。 大手によってはプロフィールとは別に、独自の性格判断テストを行うところもあります。 月会費は結婚相談所に在籍をしている間に支払うもので、結婚情報サービス型、仲人型どちらでもほぼ発生する料金です。 月会費を支払うことによって、毎月決められた人数の紹介が受けられたり、異性会員へ申し込みを行ったり、会員の専用ページでお相手とやり取りや、お見合いのスケジュール調整が行えるといった、結婚相談所独自のサービスが受けることができます。 費用は結婚相談所やサービスの内容によって、かなり差があります。

お見合い料

お見合い料は、主に仲人型の結婚相談所で発生するもので、異性会員とお見合いをするたびに1件5000円から10000円ほどがかかります。 結婚情報サービス型やファスト婚活では、自力で行わなければいけない、お相手とのスケジュール調整、お見合い場所の設定、お見合いの同行もしてもらえるので、相応の料金が発生するのです。 お見合い料がかかるため、お相手の吟味は真剣になりますし、また「とりあえず申し込むといった」やる気があまり見られない方とのお見合いをしてしまうことを回避できると良い点もあります。

成婚料

そして成婚料も、主に仲人型の結婚相談所で発生する費用です。 結婚相談所で紹介をされた方とのお見合いを経て、結婚を前提とする交際相手を見つけて結婚相談所を退会する際に支払います。 費用は5万円~30万円程度と、結婚相談所によって設定がかなりまちまちですし、また、成婚退会のタイミングも結婚相談所ごとにルールが違います。 積極的に紹介をしたり、成婚まで丁寧にサポートして結婚相手を見つけた対価、成功報酬と呼ぶべき費用です。 大手の結婚情報サービス型は基本的にはお見合いセッテイングや、成婚料が発生しないのですが、最近では手厚くサポートがほしいといった需要が高くなってきているため、お見合い料や成婚料がかかるプランも登場してきています。

格安、無料を謳う結婚相談所とは

このように、ある程度費用がかかるとされる結婚相談所ですが、最近では、お見合い料無料、成婚料無料、もしくは格安、月会費がかかりません、といったサービスを謳う結婚相談所も出てきています。 本来費用がかかるべきサービスが格安、無料となるからには安い結婚相談所には、それぞれ理由があると考えて良いと思います。 まず、20代女性は在籍数がどこも少なく、費用が高いために入会を避けている、躊躇する方も多いことから、料金を格安にして入会をしやすいように、という理由です。 仲人型、結婚情報サービス型、どちらも多くあります。 その他には、活動ができるエリアがかなり限定をされているので、その分安い料金設定だったり、成婚料がかからなくても、お見合い料が他と比べてとても高いものだったり、その反対に、お見合い料は無料とする分、成婚料が高く設定している、というところもあります。

注意したい格安・無料の結婚相談所とは

格安でも信頼ができる結婚相談所もありますが、あまりおすすめできないのは「女性はお見合い料がかからない分、紹介を断ることはできない、必ずお見合いを受けないといけない」といった独自のルールがあったり、入会には審査がまったくなく、メールをするために料金がかかる、いわゆる出会い系だった、というようなところです。

自治体の結婚相談所とは

最近では、都道府県、市町村など自治体が積極的に婚活をサポートする動きも高まってきて、官製婚活とも呼ばれています。 たとえば、愛媛県ではAIを使ったマッチングや地元企業の社員の加入、積極的な活動を促すことで成婚事例を増やしていることが話題となって、ニュースでも何度も取り上げられています。 自治体によって「結婚サポートセンター」「出会い応援サポート」といった名称となっており、ボランティアの方がカウンセリングなどを行ったり、婚活イベントの主催、婚活パーティなどの告知などをメインとしたサービスを行っています。 数は少ないですが地域によっては、お見合いのセッティングを行っているところもありますが、結婚相談所ではありませんので、きめ細かい紹介サービスなどはありません。 また在籍している人数は大手や結婚相談所連盟に加入している結婚相談所と比べると、非常に少ないものですが、公的なサポートですので、費用はほとんどかかりません。 自治体のセンターなので安心で敷居が低いことと、また、在籍しているのはほとんどその地域に根差した方がほとんどですので、地元志向の方におすすめです。

結婚相談所のコストパフォーマンスの問題

成婚をした方の口コミや、結婚相談所の評判を見てみると、格安の結婚相談所よりも、それなりに費用がかかる結婚相談所の方をおすすめされていることが多いです。 費用がかかるということは、婚活をする利用者の結婚に対する真剣さが違ってきます。 お見合い料が無料だからと会ってみるだけ会ってみよう、という考えも間違ってはいませんし、とにかくたくさんの人と会うことをお勧めするために無料にしているポリシーの結婚相談所もあります。 ただ、全く知らない方とお見合いをするというのは、とても気力、労力がかかるものです。

スケジュール調整だけでも大変ですし、女性はお見合いのための身支度に少なくないお金と手間がかかりますし、お金もかかります。 男性にとっても、お見合いのたびにラウンジのお茶代を支払うのも少なくない出費となってきます。 お見合いですので、どんなに魅力がありそうに思えても、実際に会うと合う合わないは当然ありますが、それでも、やみくもにお見合いを何度も何度も繰り返すと、思った以上に疲弊をしてしまいます。 また、成婚料、お見合い料があることにより、婚活をサポートする仲人側のモチベーションが格段に違ってきます。 婚活をしていると、なかなか相談できる人というのは見つからないものですので、第三者であるアドバイザーになんでも相談ができ、お見合いのアドバイス、成婚までのサポートをしてもらえることは心強いことです。

自分に合った結婚相談所を選ぼう

ほとんどの結婚相談所でも、入会前に無料で説明を受けることができますので、まずはどのようなシステムになっているか、料金体系など細かいことを直接確認をしてみましょう。 結婚相談所のシステムの紹介だけでなく、成婚までのプランニングを立てたり、実際にどんなお相手がいるのかマッチングサービスを受けられたり、相性診断などを受けられるところもあります。 電話やネットだけではなかなか分からない、アドバイサーの方の雰囲気や相性、結婚相談所のオフィスの様子などのチェックもしておきましょう。 そして、複数の結婚相談所で説明を聞き、比較検討をすることが重要です。 自分に合っている結婚相談所はどのタイプで、どういったプランが良いのか熟考した上で、納得のいく結婚相談所へ入会をすることがおすすめです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事