アプリ「ゼクシィ恋結び」は出会える?口コミから分析してみた!!

アプリ「ゼクシィ恋結び」は出会える?口コミから分析してみた!!

婚活アプリや恋活アプリなど、マッチングアプリにはいろいろありますよね。ゼクシィ恋結びもその一つです。口コミを元に分析すると、出会える人と出会えない人がいることがわかりました。ゼクシィ恋結びで出会うために、また出会いのチャンスを広げるために抑えておきたいことをまとめました。

目次

ゼクシィのマッチングアプリ

Marriage, 
the marriage of a man and a woman. The bride and groom, husband, wife and a loving family,Valentine.

婚活アプリを使ったことはありますか?

最近では様々なアプリが登場してきて婚活がスマホでも効率的にできるようになりました。

ただ、婚活アプリは種類も多く、玉石混交状態であるのも事実です。

しっかりと見極めて良質な婚活アプリを使用しないと良い結果は望めません。 今回は、ブライダルと言えばゼクシィのリクルートが運営するマッチングアプリ「ゼクシィ恋結び」についてお伝えします。 女性はほとんどのサービス機能を無料で使うことができます。 男性も登録や相手を検索するまで無料で使うことができます。 それ以降の機能は有料ですが、12ヶ月プランで、1ヶ月2,880円〜です。 また、ゼクシィ恋結びは、マッチングアプリへの登録は身分証を使用した本人確認を徹底しています。 出会い系アプリの中には、運営側がサクラを紛れ込ませていることもありますが、ゼクシィ恋結びはそれがないので安心です。

ゼクシィ恋結びで出会える人

ゼクシィ恋結びに登録して「相手に出会えた!」という人はどんな人がいるのか、ネットの口コミを紹介します。 「ここで出会った人とお付き合いすることになりました。」「出会いアプリなんて、と思ってたけど、そこそこの子と結構会えるね。」「1ヶ月くらいやって、5人と会って、1人の素敵な人と会えた。」「アラサー男だけど、このアプリで彼女できました。」(2chより引用) 出会えている人がけっこういるようです。 出会えるのには理由があります。

ゼクシィ恋結びが出会えるのはなぜ?

理由は2つあります。 マジメに活動している人が多いから、そして、マッチング機能が優れているからです。 ゼクシィというブライダルブランドで結婚がイメージしやすいと思います。 遊びよりも良い出会いがあればお付き合いしたい、結婚したいというマジメな人が活動している傾向があります。 また、マッチング機能が優れていることも大きな要因です。 リクルートが運営していることもあり、リクルートの技術が使われています。 過去の検索条件や、いいね!をどんな属性の相手にしたのかなど分析して、より好みに近い人をヒットさせてくれます。 また、趣味趣向やライフスタイルが共通している人や、設定した距離の範囲内から相手を探してくれる機能もあるので、すぐに会いやすいです。 「良い人を見つけた!」と思っても、物理的に遠かったらすぐに会えず、熱も冷めてしまうと思います。 そういうことがないので、良い流れで相手に会うことができます。 ここまでは出会えた人の声を拾い、紹介してきましたが、残念ながら出会えない人もいます。

ゼクシィ恋結びで出会えない人

出会えなかった人のネットの口コミを紹介します。 「サービス開始からいると、こんなもんだね。 一人しか会えなかった…」「マッチングしたけど業者だったorz」「1ヶ月前に登録してイイネは250ぐらい。会えたのは3人。まだ彼氏はできてない。」「1ヶ月やってわたしもそのくらいなのにマッチングした数2人会った人数0www」(2chより引用) 出会える人がいる一方で、不満を持っている人もいるようです。 出会えないのはなぜでしょうか?

ゼクシィ恋結びで出会えない人がいるのはなぜ?

出会えない人がいる理由は3つ考えられます。 1つ目は、そもそもの会員数の問題です。 他社のマッチングアプリに比べて会員数が少ないです。 他社のペアーズは200〜250万人、Omiaiは100〜150万人なのに対して、ゼクシィ恋結びの会員は15〜25万人です。 また、ゼクシィ恋結びの会員の多くは、東京を中心とした首都圏に集中しています。 なので、どうしてもそれ以外の地域の人は、出会いが少ないことがあります。 そうはいっても、引っ越すのは現実的ではないので、他のアプリも併用することで解決できそうです。 出会えない人がいる理由の2つ目は、女性の体目的の人がいるからです。 結婚相談所への登録に比べると、マッチングアプリの登録のハードルは低いです。 その分、気軽に出会って欲望を満たしたいという人が一定数出てきてしまいます。 これに関しては、人気(ひとけ)のない場所や密室で会いたいと言われたときに警戒することで、事前に避けることができます。 例えば、カラオケボックスや、自宅デートのお誘いなどですね。 出会えない人がいる理由3つ目は、業者が混ざってしまっているからです。 上記の口コミでも紹介していますが、「出会えたと思ったら業者だった」という声は複数出ています。 最初に紹介した通り、ゼクシィ恋結びのサクラはいませんが、他の業者が相手を探している人になりすまして登録してくることもあります。 このマッチングアプリの登録には身分証による本人確認もありますが、どうしても防げないのも現状です。 業者に出会ったしまった場合は、アプリの通報機能を使い、運営側に報告しましょう。 また、やり取りの途中段階でも怪しさを感じたら距離を置くようにしましょう。

出会いの確率を上げる写真テクニック

出会える人、出会えない人がいることがわかりましたが、出会える人は幸運なだけでなく、抑えるべきポイントを抑えています。 中でも、プロフィール写真は重要です。 マッチングアプリに登録したらすぐに使いたい写真テクニックを紹介します。

アプリ必勝テクニック!?あなどれないプロフィール写真

相手探しは条件で検索することが多いと思いますが、その相手にアプローチしようかどうかは、写真を見て決めますよね。 写真は何気なくしか見ていないかもしれませんが、とても重要なポイントです。 では、どんな写真が良いのかというと、ひとことで言うと「明るい雰囲気の写真」です。 具体的には、天気の良い日の明るい時間に、木や海など自然を背景に、清潔感のあるファッションを身につけて笑顔で撮影することです。 条件が多いように感じるかもしれませんが、相手に好印象を持ってもらえる明るい写真を心がけることです。 薄暗い部屋で真顔の状態で撮ったプロフィール写真の人がいたら、会いたいとは思いませんよね。 相手への配慮は必要ですが、かしこまって写真撮影をする必要はなく、旅行先でのリラックスした表情でも良いでしょう。 また、ペットを飼っている人は、日常の一コマのようにペットとのツーショットも良いですね。 きっとナチュラルな表情の写真が撮れると思います。

逆効果になる写真テクニック

写真は相手への配慮が必要だとお伝えしましたが、この2つはやめましょう。 自撮りと加工のし過ぎです。 良い写真を撮ろうと、何枚も何枚も自分で撮ろうとするのはやめた方がいいです。 友人や知人にお願いして撮ってもらいましょう。 自撮りは自意識過剰なイメージを与えてしまいます。 また、良く見せようとして、加工しすぎるのもやめた方がいいです。 マッチングアプリでうまくいった場合、実際に会うことになりますが、相手にがっかりされてマイナスになってしまいます。 より明るい雰囲気にするために、明るさを少し調整するくらいなら自然な範囲ですが、修正しすぎるとそのギャップに、相手が引いてしまうこともあるかもしれません。 写真は撮ればいい、良く写っていたらいいというものではないので、その点は注意して撮影、掲載したいですね。

思わず返信したくなるメッセージテクニック

次は、メッセージのテクニックを紹介します。 言われてみればなんていうことない内容かもしれませんが、きちんと抑えている人は案外少ないです。 マッチングアプリに限らずSNSやブログなど、恋愛以外の出会いもあり、ネットでやり取りしている人もいると思います。 その辺に慣れてしまうと忘れてしまう人もいるので、それも含めてメッセージのテクニックを読んでいただければと思います。

あいさつをする

これこそ、言われなくてもわかるという内容だと思いますが、あいさつを軽んじている人はけっこういます。 なので、きちんとあいさつをするだけでも始めの段階で良い印象を持ってもらえます。 これを当たり前だと思える人は、ヒューマンスキルが高い人なので、引き続きそのままいきましょう。 あいさつはメッセージを送る時間や相手のとの距離を考えて、「こんにちは」「はじめまして」などが妥当でしょう。

理由は個別な内容にする

相手に「いいね!」をする機能がありますが、なぜ相手に「いいね!」をしたのか理由をメッセージで伝えましょう。 その際には、個別の内容にすることです。 間違っても、「返信が来るかどうかわからないし・・・」とみんなに同じようなコピペメッセージを送るのはやめましょう。 個別のメッセージを送ることが面倒な人は、その相手のことをそこまで気に入っていないですし、場合によってはマッチングアプリが合っていないので、別の方法を考えた方がいいですね。 個別のメッセージですが、内容に盛り込みたいのは「相手の名前」と「共通点」です。 名前を呼ばれて嫌がる人はほとんどいないですし、親近感が増します。 なので、メッセージには必ず名前を入れましょう。 そして、プロフィールを見て共通点を探し、共感されやすい内容にしましょう。 ただし、あまり長くなり過ぎないように注意してくださいね。

お礼も忘れずに

メッセージの返信がきたら、まずお礼をしましょう。 もらったメッセージの内容にすぐに返信してしまう人がいますが、お礼をしてからです。 「ありがとうございます」「うれしいです」という素直な気持ちを伝えましょう。 ちょっとしたことに気が配れるかどうか、相手は意識的にも無意識的にも見ているものです。

相手の良いところを見つける

メッセージのやり取りが始まったら、相手の良いところを見つけて、それを言葉にしましょう。 相手の話題にどんどん反応していきます。 「素敵ですね」「いいですね」「うらやましいです」「素晴らしいと思います」などですね。 嫌味にならないように自然な口調で、伝えられるとベストです。

相手に合わせる

最後のメッセージテクニックは、相手に合わせることです。 と言っても、話題に無理矢理気を遣うのではなく、返信タイミングや文章の行間、言葉遣い、距離感です。 相手が返信に半日〜1日かかる人の場合は、同じように時間をおいてからゆったり返信しましょう。 いつも即返信していると、前のめりで波長が合わないと思われてしまうことがあります。 また、思いが余って文章がぎゅうぎゅうになってしまうのも避けたいです。 相手が読みやすい行間を意識して返信しましょう。 それから、言葉遣いにも気を遣いたいところです。 突然なれなれしくならないように、相手に合わせて最初は「です」「ます」の丁寧語でメッセージを送りましょう。 話題も自然な流れを意識しましょう。 距離感を縮めようと急に突っ込んだ話題にすると、相手が驚いてしまうことがあります。 あまり神経質になることはないですが、アプリを通しての出会いでも、アプリの向こう側は人間です。 そのことを忘れずに心に留めておきたいですね。

マッチングアプリは掛け持ちが常識?

マッチングアプリによっては、首都圏中心だったり、カラーや特性があったりするので、複数登録しておくことをおすすめします。 その方が出会いの機会も増えますし、いろいろなアプリを使ってみることで、自分に合ったアプリを見つけることもできます。 ではどんなアプリがあるのか、実際に見ていきますね。

日本で最大規模!安心感のあるマッチドットコム

マッチドットコムはアメリカで始まったサービスですが、日本での会員数は180万人と多いです。 マッチドットコムの安心できるところは、身分証明書の他、収入証明、勤務先証明、卒業証明などの提出が必要なところです。 これだけの書類を提出しなくてはならないので、それなりの気持ちがないと登録しませんし、誰かになりすますこともできません。 あくまでも目安ですが、出会えるまでの金額は約4,000円です。 安心できる環境の中で、マジメに相手探しをしたい人向けのアプリです。

30代後半〜40代にはユーブライド

結婚相談所を運営するIBJのグループ会社が提供しているマッチングアプリです。 会員数は100万人です。 年齢データを見ると、30代後半〜40代で結婚をしたいと思っている人が多いです。 アプリとはいっても実績が高いのが特徴です。 成婚して退会した人の60%の人が、アプリ登録の3ヶ月以内に結婚相手を見つけています。 このスピード感は魅力的ですね。 このような成果が出るのは、結婚を真剣に考えている人が登録しているからです。 登録料は無料で、出会えるまでの金額は0〜約4,000円です。 マッチングアプリを活用してマジメに婚活したい人に向いています。

出会いたいならペアーズ

ペアーズは、真剣に結婚というより、まずは出会いを求めている人に合っているアプリです。 会員数は600万人です。 他のアプリと比べると20代後半の男女の割合が多いのが特徴的です。 登録料は無料で、女性は月額も無料です。 男性は、12ヶ月プランで、1ヶ月あたり約2,000円です。 恋人を探したい人向けのアプリです。

とにかく出会いのチャンスを増やしたい人はOmiai

月額が高いこともあり、他のマッチングアプリが合わなかった人が最後に使いたいアプリです。 例えば、ペアーズで恋人探しがうまくいかなった人や、他のアプリとの相性が良くなかった人が検討したいアプリですね。 会員数は累計250万人です。 登録料は無料ですが、12ヶ月プランで、1ヶ月あたり2,780円とペアーズより高めの料金設定です。

20代で恋人探しをしたい人はwith

次に紹介するのは、20代の層の割合が多いのが特徴のwithです。 まだサービスが始まったばかりということもあり、会員数は50万人と少な目です。(本サイトの調査による) メンタリストのDaigoが監修しているアプリで、CMで見かけたことがある人もいるかもしれません。 登録料は無料で、女性は月額も無料です。 男性は12ヶ月プランで、1ヶ月あたり1,800円〜です。 withはマッチングにも力を入れていて、おもしろい診断テストがあります。 テストの結果が一致した異性に、無料いいね!が送れて、出会いのチャンスを広げてくれます。 ほとんど毎週開催されているので、積極的に利用してみてください。

特色も目的もそれぞれ

ゼクシィ恋結びやその他のアプリを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 それぞれ運営している会社も違い、登録している年齢層や目的も違います。 20代中心で恋人探しが目的の人が集まっているアプリもあれば、30代後半〜40代の結婚を目的とした人が集まっているアプリもあります。 複数のアプリを利用して、恋活や婚活に生かしてくださいね。 ゼクシィ恋結びの他には、マッチドットコム、ユーブライド、ペアーズ、Omiai、withがおすすめです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事