真剣に出会いたいなら、ペアーズとOmiaiどちらがいい?

真剣に出会いたいなら、ペアーズとOmiaiどちらがいい?

マッチングアプリの情報をネットで検索すると、たくさん出てきます。その中でも知名度の高いペアーズとOmiai。アプリによって、登録している年齢層や料金などが少しずつ違ってきます。真剣に出会いたい人は、ペアーズとOmiai、どちらがいいでしょうか?一緒に見ていきましょう。

目次

噂のマッチングアプリ「ペアーズ」と「Omiai」

カップル

有名なマッチングアプリといえば、ペアーズとOmiaiですね。

あなたも聞いたことがあると思います。

どちらに登録しようかなと迷っている人がいたら、断然ペアーズを推します。

Omiaiに登録する層の人たちは、ペアーズにも登録しているからです。

また、会員数や料金も含めて考えてみても、ペアーズに軍配が上がります。

2つのアプリを比較しながら、ペアーズを選んだ方がいい理由を見ていきますね。

会員数の多さは相手探しの重要ポイント

出会うためには相手探しですが、相手探しをするためには会員数が多い方が有利ですよね。

よりタイプの相手を選べます。

会員数を比較してみると、ペアーズは累計会員数が700万人を超えているのに対して、Omiaiは累計会員数が300万人超と、ペアーズの半分以下です。

常時登録している会員は、ペアーズが200〜250万人に対して、Omiaiは100〜150万人ほどです。

気になる男女比は、ペアーズが7:3、Omiaiは6:4で、どちらも男性の方が多い割合です。

会員数を比較した場合、ペアーズの方が多いですが、誤解がないようにお伝えすると、Omiaiも決して少ないわけではありません。

ランニングコストは安く

どんなに会員が多いからといっても、月額利用料が高額だったら躊躇しますよね。

ランニングコストの計算も大事です。

ペアーズもOmiaiも女性は無料なので、男性の月額料金を比較します。

1ヶ月プランで見たとき、ペアーズは月額3,480円なのに対し、Omiaiは3,980円で500円割高です。

6ヵ月プランで見てみるとさらに差が開き、ペアーズは月額1,980円なのに対し、Omiaiは月額3,780円で1,800円も違います。

この差は大きいと思います。

機能はあまり変わらない

ペアーズもOmiaiも、アプリの機能はあまり変わりません。

サービス内容も好評です。

ただ、1つだけ違うのが、いいねのポイント消化数です。

相手にいいねをするたびに、ポイントを消化していくことになります。

その消化数が、Omiaiの場合、1〜最大10も消化することになります。

消化数の違いは、相手の人気度です。

人気がある人にいいねをすると、たくさんポイントを消化することになります。

ペアーズの口コミチェック

ここで、ペアーズの口コミを見てみます。

「私はペアーズで知り合った人と結婚しました。知り合って3ヶ月間くらいは、ペアーズのサイト上でメッセージのやり取りをしていました。」(女性・Yahoo知恵袋より)

実際に結婚まで至っている人もいるようですね。

知り合ってすぐに会う人もいる中、ペアーズでのやり取りを3ヶ月していたとのことで、慎重に進めてうまくいった例です。

また、こんな声もあります。

「20代後半女、夫も20代後半、ペアーズで知り合って結婚しましたよ。知り合いにもペアーズで知り合って結婚した(または結婚間近)人を3組ほど知っていますし、今は珍しくないのかなと思います。」(女性・Yahoo知恵袋より)

マッチングアプリで知り合うのは世間体が気になる人もいるかもしれませんが、この口コミの通り、今では珍しくないと思います。

アプリを使ってみて合わなかったらやめてもいいですし、良い出会いがあったら前向きに進めてみるのもアリではないでしょうか。

マッチングアプリって危なくないの?

ところで、マッチングアプリ初心者の人は、「マッチングアプリって危なくないの?」と不安になるかもしれません。

これに関しては、ペアーズもOmiaiも、24時間アプリのサイト内を見回り巡回しているので、もし悪質な人が登録しても、活動しにくくなっています。

また、登録には運転免許証やパスポートなどの身分証の提出が必要なので、不正な登録者はかなり減っています。

提出方法は2つのアプリで少し違っていて、ペアーズは提示不要な個人情報は画像加工で隠すことが可能です。

Omiaiは全て提示する必要があります。

とは言っても、どちらもアプリの安全性は高いので、安心して活動できそうです。

ただ、ペアーズもOmiaiも向いていない人がいます。

それは、本気で結婚相手を探している人です。

本気で相手を探したい人向けのアプリ

真剣に相手探しをするためには、ペアーズでもいいのですが、さらに一歩踏み込んで、結婚を視野に本気で婚活していきたい人は、次の2つのアプリがおすすめです。

男性も女性も有料で登録していて、婚活の意識が高いからです。

どちらのアプリもおすすめですが、迷った人はマッチドットコムがいいかもしれません。

相手探しも安心のマッチングドットコム

マッチングドットコムは、登録のときに、身分証明書の提出の他、収入証明、勤務先証明、卒業証明も提出が必要です。

そのため、悪さをする人が入りこみにくいだけでなく、それだけ本気の人が登録する仕組みができています。

利用者数は180万人で、料金は定額で約4,000円です。

20代後半〜30代前半の相手に出会いたい人向けです。

30代後半からの婚活はユーブライド

ユーブライドは、30代後半〜40代の人が多く集まっているマッチングアプリです。

2015年の実績ですが、1年間で1,800人以上の人が、このユーブライドで出会って結婚しています。

利用者数は100万人で、料金は定額で約4,000円です。

上記のマッチドットコムと同じく女性も有料なので、それだけ結婚に本気の人が集まっています。

ユーブライドはプロフィール写真を載せていない人が多いので、実際に会う以外ではなるべく顔を出したくない人は、こちらの方がいいかもしれません。

ただ、反対もまた同じで、相手がプロフィール写真を載せていないこともあります。

婚活より恋活!アプリ初心者はこれ

20代前半で、これからアプリを使って恋活を始めたい人は、withがいいでしょう。

他のアプリに比べて20代の利用者が60%を超えています。

また、無料でできるいいねの数が多いので、活動しやすいのも特徴です。

他社アプリに比べると、会員数が少ないですが、これから伸びしろのあるアプリとも言えます。

女性は無料で利用でき、男性は12ヶ月プランの場合、月額1,800円〜利用できます。

withには、恋愛観がわかる心理テストがあり、質問に答えていくと自分の恋愛スタイルがわかります。

そしてその恋愛スタイルに合わせて、相性の良い相手をアプリが紹介してくれます。

初心者向きですね。

理想の相手との出会いの確率を上げるためには

出会うためには積極的に活動することですが、理想の相手との出会いの確率を上げるためには、プロフィールを充実させておくことが大事です。

実際会ったときにいろいろ話せばいいと、プロフィールはシンプルに少なくまとめてしまう人がいますが、それは確率を下げています。

プロフィールの手抜きは、自己紹介を手抜きしているのと同じです。

手抜きの自己紹介をする人とは、会いたいと思わないですよね。

また、プロフィール内容が充実していないと、相手があなたとの共通点を探すのも困難です。

そこで、マッチングのためのプロフィール活用術をお伝えします。

自己紹介は丁寧に書く

長い文章のプロフィールは読まれないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、興味がない人はそもそもプロフィールを見ません。

興味のある人がプロフィールページに訪れてくれます。

なので、そのときに相手が知りたい情報を丁寧に書いておくことが大事です。

仕事、趣味や今ハマっていること、好きな食べ物、好みのタイプの人など、できるだけ具体的に書いていきましょう。

また、特技や性格もしっかり書いていきたいです。

謙虚な人は、「特技を披露するなんて・・・」と思うかもしれませんが、特技は相手のためにできることであり、あなたが相手に渡せる価値です。

自慢するのではなく、「これが得意です」ということはきちんと伝えていきましょう。

相手があなたに会いたくなるような、明るいイメージに仕上げたいですね。

ただ、自分の文章はなかなか客観的に見られないので、プロフィール文章を書いたら少し時間をおいて読み直してみるといいと思います。

他の人がどんなことを書いていて、それを読んだときどんな印象を持ったのか、参考にしてみるのもいいですね。

読みやすく編集する

プロフィールは丁寧に書いた方がいいとお伝えしましたが、そうすると、長い文章になってくると思います。

長い文章に改行がなかったら読んでいて、目がチカチカしてしまいます。

また、何を言いたいのか伝わる前に、プロフィールページから離脱されてしまう可能性があります。

そこで、読みやすく編集していきましょう。

適切な改行の他には、例えば、小見出しを付けることですね。

仕事について説明する文章の前に「仕事」と入れたり、趣味を語る文章の前に「趣味」と入れたり、特技の文章の前には「特技」と入れたりすることですね。

このちょっとした心遣いが、あなたのプロフィール文章をすっきり読みやすくしてくれます。

自虐ネタやマイナスなことは書かない

プロフィールではマイナスなことは控えましょう。

何でも具体的に書けば良いわけではありません。

プロフィールには相手が知りたい情報を書いた方がいいですが、相手に知ってほしい自分のマイナスなことはやめた方がいいです。

相手が共通点を探すために知りたい情報を意識してください。

それは、自分を実物より良く見せるのではなく、盛っているのでもなく、あえて書かなくてOKという意味です。

プロフィールで全てを伝えることはできませんし、あなたもプロフィールで相手の全てを知れると思っていないと思います。

無料で相手を検索してみる

今回いくつかマッチングアプリを紹介しましたが、登録や相手を検索するのは無料です。

気になったアプリは登録して、実際に相手を検索してみてくださいね。

それで、気になる人が見つかったらそこから有料に切り替えてもいいですし、女性は無料で使えるアプリもあるので、うまく活用してください。

出会いに真剣な人は、ペアーズとOmiai、本気で婚活したい人はマッチドットコムとユーブライドがおすすめです。

マッチングアプリが初心者の20代の人は、withで恋活を楽しんでください。

アプリに登録したら、プロフィールを忘れずに。

プロフィールは、良い出会いの第一歩です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事