実際どうなの?評判が良くないWeBCon(ウェブコン)をリサーチ

実際どうなの?評判が良くないWeBCon(ウェブコン)をリサーチ

大手の一つと言われる結婚相談所のWeBCon(ウェブコン)ですが、料金プランが特徴的です。女性は入会金や初期費用がかかりません。それはメリットがありそうですが、実際は違うようです。料金プランとそれによって起きていることを中心にウェブコンを徹底リサーチしてまとめました。

目次

マイナスイメージの原因は?

Marriage (macro photo)

結婚相談所の大手の一つと言われるWeBCon(ウェブコン)ですが、ネットでの口コミはあまり良くありません。 ウェブコンは仲介型の相談所で、担当のカウンセラーがつきますが、カウンセラーの対応が良くないという内容も目立ちます。 それは社内教育の問題もあるかもしれませんが、相性もあるので一概には言えません。 ですが、カウンセラーの印象も悪くなってしまう背景というものがあり、それはウェブコンの特徴的な料金プランのようです。

詳しく見ていきましょう。

男女差が大きい特徴的な料金プラン

ウェブコンには、男性用のコースと女性用のコースがあります。 大きく異なるのは、男性の初期費用が高く、女性は無料というところです。 それぞれ見ていきますね。

男性には2つのコースがある

男性には初期費用の違う2つのコースがあります。 初期費用が30万円のウェブコースと、初期費用が50万円のエクセルコースです。 ちなみに他社と比べると、楽天オーネットは初期費用が10万6,000円、IBJメンバーズは24万円です。 ウェブコンは、少し高いように感じますね。 ウェブコンの2つのコースに共通している内容に、お見合いシミュレーション、お見合い保証、カウンセリングがありますが、料金の違いは、サービス内容の違いです。 例えば、お見合いシミュレーションは、ウェブコース(30万円)は1回、エクセルコース(50万円)は希望があれば随時対応してくれます。 また、エクセルコースだけについているサービスは、お見合いパーティーがあります。 3対3や5対5といった人数のお見合いパーティーに参加することができます。 一度に複数の相手と出会うことができるので、効率的ですね。 ただ、注意したいのは、月額はかからないものの、お見合い料がかかることです。 2つのコースに共通しています。 お見合い料は1回1万円なので、10回お見合いをしたら10万円かかります。 なので、婚活のお金の計算をするときは、このお見合い料も含めて考えておいた方がいいです。 ウェブコースは30万円プラス10万円で総額40万円、エクセルコースは50万円プラス10万円で総額60万円です。

女性は1つのコースのみ

女性用のコースは1つ、プリンセスコースのみです。 初期費用0円、月額0円です。 お見合い料に関しては、女性側が相手を自分で選んだ場合には1回1万円かかりますが、男性からの場合は0円です。 また成婚した際には、成婚料20万円がかかります。 なので、男性からのお見合いのお申し込みで成婚した場合は、相談所でかかる総額は20万円です。 サービス料が基本無料だと何もしてもらえないような気がしますが、サポートもあります。 例えば、写真撮影、相手探しや紹介、セッティング、お見合いパーティーの参加です。 専任カウンセラーがついてくれて、成婚退会までサポートしてもらえます。 女性にはとてもお得でいいような気がしますが、この料金体系は、男性にも女性にもメリットが少ないようなのです。

男性は高額、女性は格安が問題?!

男性のエクセルコースは60万円、女性は成婚したら20万円ですが、この料金の差によって何が起きるかというと、気持ちの差が大きくなるということです。 気持ちはもちろん結婚に対してです。

必死な男性と気軽な女性

男性は高額な分、真剣に結婚相手を探そうと思い入会します。 女性は活動しているだけではお金がかからないので、気軽に入会します。 この気持ちの差が、後々、お見合いのときのすれ違いを起こしてしまうことにもなります。 男性は初期費用に追加して1万円を払ってお見合いに臨みますが、女性は0円でお見合いに行きます。 初期費用も違い、お見合い料も一方は払い、他方は無料では、当然意識の差が生まれます。 これは気軽に参加する女性が悪いのではなく、相談所の料金体系がそういう仕組みを作ってしまっています。 では、女性に有利なのかというと、そうとも言えません。

女性は0円でも喜べない?!

もう一つ気になることがあります。 これは女性側に関係があることなのですが、男性から声がかかるお見合いはお見合い料がかかりません。 ですが、どんな相手とお見合いをすることになるのか、当日のお見合い開始5分前にならないとわからないのです。 これは考え方によっては、かなりマイナスです。 全く誰からも相手にされないよりは、相手から声がかかったらうれしいものですが、プロフィールもわからず当日を迎え、全く条件に合わない人だったら、時間のムダになってしまいます。 男性側にお見合い料が発生するウェブコンのお見合いは、次のような流れです。 専任カウンセラーが、男性入会者に女性を数人紹介します。 男性入会者は、その中からお見合いをしたい人を選択します。 選ばれた女性は、カウンセラーから連絡が入ります。 女性はお見合いのために相談所を訪れます。 そして、女性はお見合いが始まる5分前に相手男性のプロフィールを見ます。 5分後にはお見合いがスタートします。 どうでしょうか? あなたが女性だったら、どう思いますか? 心の準備ができている男性は落ち着いてお見合いに臨めるような気がしますが、ほとんど相手男性の情報を持たない女性と話すのは、盛り上がりに欠けそうです。 コミュニケーション能力が高くないと会話が大変そうです。 どのような形でもお見合いには緊張感があると思いますが、このような形式では男性も女性も、しなくても良い緊張をしそうです。

会員データが非公開

料金体系が特殊なこともあり、あまり良いところが見つからないウェブコンですが、会員数の少なさも、理想の出会いにつながらない原因になってしまいます。 ウェブコンは公式サイトで会員数を公表していませんが、問い合わせると教えてくれます。 会員数が一番多いのは、千葉県市川市にある本社で、男性500人、女性500人、合計で1,000人ほどとのことでした。 ウェブコンは全国に店舗があり、その数は22店舗ですが、そこから予測してみると1万人~1万5,000人くらいでしょうか。 他社と比べてみると、かなり少ない人数です。 会員数が一番多いIBJメンバーズは5.9万人、2番目に多いのは楽天オーネットで4.9万人です。 ウェブコンは5分の1程度の規模のようです。 開業して数年だったら少人数でも納得できますが、1994年に会社が設立されて、20年以上の老舗なので、この会員数は少ない印象です。 ちなみに、ウェブコンは設立当初「結婚情報ウェブ」という名前で、2014年頃「WeBCon(ウェブコン)」に改名しています。 今でも、「結婚情報ウェブ」のサイトはインターネット上にあります。 ウェブコンとデザインは違い、戸惑う人もいるかもしれませんが、サービスの内容は一緒です。 もちろん、運営会社も同じです。 会員数はサイト上で非公開ですが、その他、会員の年齢や年収、職業などの会員データも公開していません。 成婚率もわからないので、比較検討したいと思っても他社と比べることができません。

結婚相談所はどうやって選んだらいい?

データが非公開のため、わからないことが多いウェブコンですが、そもそも結婚相談所はどのように選んだらいいでしょうか? 基準は4つあります。

会員数の多さ

出会いの質に直結するのは、会員数の多さです。 1万人の相談所と、6万人の相談所では、単純に考えて選べる人数が違ってきますよね。 多ければ絶対に結婚できるという話ではないですが、選択肢は広がります。 なので、会員数の多さは基準として持っておきたいです。

会員データは公開されているか

次に、会員データが公開されているかどうかも大事なことです。 理想の相手がいるかわからないのに、入会するのはリスクがあります。 ウェブコンの場合、女性は入会にお金がかかりませんが、お金がかからないからといっても、理想の相手がいなければ一生出会えません。 また、60万円かかる男性の場合も、理想の年齢の人がどれくらいいるのかわからずお金を払うのは、ギャンブルですよね。

サービス料金はわかりやすい?

入会者にとって、サービス料金がシンプルでわかりやすいことも大事なことです。 お金が気になって、婚活に集中できなくなってしまったり、出会いのチャンスを逃してしまったりしたら本末転倒です。 中でも、お見合い料が加算されるか加算されないかというのは、ポイントです。 ウェブコンはお見合い料が1回1万円、加算されますが、加算されない相談所もあります。 大手で挙げると、IBJメンバーズや楽天オーネット、ツヴァイ、ゼクシィ縁結びカウンターはお見合い料がかかりません。

サポート体制は望む内容?

結婚相談所での婚活スタイルには、仲介型とデータマッチング型があります。 同じスタイルだからといって、どこの相談所でも同じサービスが受けられるわけでありません。 サポート内容は相談所によって異なります。 仲介型なら、プランニングから、お見合いのセッティング、交際、成婚まで、しっかりサポートされることが理想です。 データマッチング型なら、よりたくさんの人が検索できることが理想です。 料金の安さだけで選んでしまうと、後悔することになりかねません。

なるべく早く結婚したいと本気で思っているなら仲介型

婚活スタイルには2つあるとお伝えしましたが、なるべく早く結婚したいと思っている人は、仲介型が合っています。 専任カウンセラーがついて、婚活をサポートしてくれます。 会員数や料金などで考えたとき、仲介型でおすすめなのがこちらの2社です。

成婚率は55%!IBJメンバーズ

業界最大手のIBJメンバーズは、成婚率が55.4%とこちらも業界最高の水準です。 婚約するところまでサポートしてくれるのも特長です。 「どこの相談所でも、婚約まで面倒を見てくれるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、これは相談所によって違います。 ここまで徹底したサポートは意外と少ないのです。 1年間婚活をした場合、62万円です。 仲介型の結婚相談所ですが、紹介の他、データマッチングで相手を探すこともでき、計7つの出会いの方法が用意されています。 そのため、1年間で最大396人もの人と出会うことができます。 この人数の多さは、本気で婚活をしたい人には魅力的ですよね。 ただ、IBJメンバーズは主要都市にしかありません。

仲介型で2番目に会員が多いNOZZE(ノッツェ)

近くにIBJメンバーズの店舗がない人は、同じく仲介型のノッツェをおすすめします。 会員数4万人と多く、専任カウンセラーがついて手厚いサポートをしてくれます。 サービス料金は51万1,500円です。 1年間での出会える人数は最大96人と、IBJメンバーズに比べると少ないですが、婚活パーティーも開催しているので、一度の複数の人と出会えることができて、効率的です。

お財布に優しいデータマッチング型

仲介型の結婚相談所に比べると、リーズナブルな価格のデータマッチング型。 会員数や料金、サービス内容から見て、おすすめの2社を紹介します。

データ型でNo.1の会員数!楽天オーネット

楽天オーネットは会員数4.8万人と、データマッチング型では一番会員数が多いです。 北は北海道から南は沖縄まで、全国に40店舗あります。 公式サイトでは「初めての婚活でも安心」と打ち出しているだけあって、まさにこれから婚活をする人も多く入会しています。 データ紹介では最大72人、検索では最大126人、合計で約200人と出会うことができます。 料金は27万2,800円で、成婚料はかかりません。 年齢は、男性の51%が20~39歳、女性の72%が20~39歳です。 相談所によっては30代後半~40代の層が厚いところもありますが、楽天オーネットは20代30代多いです。

婚活に役立つ講座も受けられるzwei(ツヴァイ)

ツヴァイは会員数3万人の結婚相談所です。 データマッチング型のスタイルですが、特徴的なのは、マナーやコミュニケーションなどの講座があることです。 婚活にすぐに生かせる内容ばかりです。 イオングループが運営していて、店舗数は55店舗と相談所の中でも多いです。 1年間婚活した場合の料金は、27万600円です。 同じデータマッチング型の楽天オーネットに比べると、会員数やサポートの内容は劣りますが、無料コンサルティングに行ってみて、自分に合いそうだと思ったら検討してもいいかもしれません。

無料相談に行ってから決めましょう

ウェブコンの料金体系や各種コース、それによって起きる問題、会員など詳しく見てきました。 婚活を真剣にしたい人にとって、あまり良い内容ではありませんでした。 会員数や料金、サービス内容から考えると、仲介型はIBJメンバーズ、ノッツェ、データマッチング型では楽天オーネット、ツヴァイが良いでしょう。 結婚相談所に入会するためには、お金もかかりますし、提出書類もたくさんあります。 また、結婚という人生を左右する大きなことなので、結婚相談所を選ぶときは慎重に考えましょう。 公式サイトで情報を得ている中で、気になる結婚相談所があったら、無料相談に足を運んでみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事