厳選!おすすめ結婚相談所 in 2018

厳選!おすすめ結婚相談所 in 2018

初めて結婚相談所を選ぶ方は、まずどこの結婚相談所が一番人気なのか気になりますよね。判断基準として知名度やコスパなどがありますが、どのポイントを重要視したらよいか不安という方がいると思います。3つの判断ポイントと2つの目的別に分け、それぞれを紹介します。

目次

失敗しない結婚相談所選び方〜3つのポイントと目的別から紹介

Proposal in the street with a man asking marry to his happy girlfriend

結婚相談所は、利用者に結婚を前提にした出会いを提供することが目的のサービスです。

利用者ひとり一人にあった様々な仕組みやサポートが提供されるため、高額なサービスとなっています。

総活動費用(1年間の活動)の相場は20〜60万と言われていて、他にお見合いの数やイベント参加費などオプションがつくので最終的な総活動費用は人それぞれとなります。

ここでは比較的有名で大手の結婚相談所を3つのポイントで評価し、中でもおすすめの結婚相談所をそれぞれ紹介します。

ぜひ自分にあった結婚相談所をみつけるヒントにしてください。

ポイント別おすすめ相談所

CMや電車のつり革広告でみたことがあり知名度抜群の結婚相談所であっても、自分にあった会社かなのかは別の話です。

そしてもちろん、利用料が安ければいいというわけでもないでしょう。

ここでは後で後悔しないために、どんな判断ポイントで相談所を選択すればいいのか3つのポイントにそって紹介します。

POINT1. 結婚相談所には様々なタイプがあることをする

結婚相談所には一般的に「仲人紹介型」「データマッチング型」、2つのタイプがあるとされています。

「仲人紹介型」は、専任の担当スタッフが利用者の希望や条件にあった、最適な相手を紹介してくれるタイプの結婚相談所です。

専任の担当スタッフが対応してくれるので、コンピュータでは伝わりにくい言葉の細かいニュアンスも理解してもらいやすいとされ、柔軟な対応が期待できます。

利用者ひとり一人の人柄や雰囲気、持っている価値観を把握してお相手を紹介してくれるので、自然と結婚に繋がりやすい出会いが多くなります。

お見合いの日程調整や継続的な利用者へのアドバイス、カウンセリングなど、手厚いサポートが受けられます。

一方でサポート力が高い分、利用料が高額で、1年間の利用総額は45~60万円ほどかかるので注意してください。

そして同じ会社でも専任の担当スタッフによって利用者への対応やサービスの質が変わってしまうので、理解しておきましょう。

「データマッチング型」は、コピュータが登録された個人データを元に、利用者に最適な相手を紹介してくれる結婚相談所です。

紹介してもらえる人数が仲人紹介型と比べて多く、定期的かつ継続的に情報がもらえます。

利用料金も安い傾向があり、1年間に20〜30万ほどかかります。

しかしコンピュータには細かい言葉のニュアンスが伝わりづらく、ちょっと違うなと思うことがあるかもしれません。

結婚相談所からも積極的なサポートサービスはなく、自分からサポートしてほしいと求めないとサポートは得られません。

自分のペースで活動したい、人からアドバイスされるのが苦手という方には向いていると思います。

仲人紹介型タイプでおすすめの結婚紹介所は以下の6つです。

・IBJメンバーズ

・NOZZE(ノッツェ)

・仲人協会

・サンマリエ

・パートナーエージェント

・WeBCon

データマッチング型タイプおすすめ結婚紹介所は以下の5つです。

・楽天オーネット

・zwei(ツヴァイ)

・ゼクシィ縁結びカウンター

・エン婚活

それぞれのタイプにはコースプランによって仲介型もデータ型もあるので、各結婚相談所の公式ホームページなどで確認してください。

POINT2. サービス内容(会員数、会員の質、サポート力)で比較検討する

タイプ別に分けると、おおまかな結婚紹介所の全体像がつかめてきます。

サービス力と価格帯がわかってくると、自分にとってどのタイプの結婚相談所が利用しやすいのか絞れてきます。

次はサービス内容についてみていきましょう。

サービス内容は、会員数、会員の質、サポートの手厚さを指します。

会員数の多さは、出会いのチャンスが豊富ということです。

会員数が多ければ、より自分が利用とするお相手と出会える確率が高くなるからです。

目安として、3万人以上の会員数を保有している結婚相談所が理想とされています。

大手結婚相談所で会員数が3万人を超えているのは以下の4社です。

・IBJメンバーズ

・楽天オーネット

・NOZZE(ノッツェ)

・zwei(ツヴァイ)

会員の質は、自分の理想に近い相手と出会えそうかということです。

希望条件(年齢、年収、学歴、容姿など)に当てはまる会員がいる結婚相談所なのか、そうでないかは、結婚できる確率に関わるとても大事なポイントです。

各結婚相談所の公式ホームページには、希望条件に挙がりやすい年齢や年収、学歴などの構成比が掲載されています。

随時更新している会社もあるので、自分が理想とするお相手がいそうか確認しておきましょう。

最新会員データを開示している大手結婚紹介所は以下の6社です。

・IBJメンバーズ

・楽天オーネット

・zwei(ツヴァイ)

・ゼクシィ縁結びカウンター

・パートナーエージェント

・エン婚活

ただしデータを非公開としている会社や古いデータしか掲載していない会社もあり、それは公表したくない理由があるということなので、きちんと見極めることが大切です。

サポートの手厚さからは、結婚に結びつくサポートが十分に受けられるかということがわかります。

サポートは手厚ければ、婚活がしやすくなるでしょう。

大手結婚相談所の中で特にサポートが手厚いと評価されているのは、以下の3社です。

・IBJメンバーズ

・NOZZE(ノッツェ)

・サンマリエ

主なサポートには、以下のようなサービスがあります。

・定期的な面談

・利用者の個性を把握し、相手に良さを伝えてくれる紹介アピール

・お相手とのお見合い日の調整

・お見合いの立会い、同席

・お見合い後のフィードバック

・交際中のサポート、アドバイス

結婚相談所によって細かく違ってきますので、公式ホームページだけではなく、事前無料相談などで直接担当者にきいてみてください。

POINT3. 結婚相談所の利用に総額いくらかかるのか確認する

結婚相談所を利用しての婚活は、決して安くない利用料金がかかります。

他の判断基準を検討せずに利用料が安いだけで結婚相談所を選択してしまうと、失敗して後悔する可能性があるので、利用料金は最後に確認するようにしましょう。

結婚相談所の料金内訳はおおよそ以下のように分かれています。

初期費用:入会時に支払うお金

月活動費:継続して毎月かかるお金

成婚費用:真剣交際後にお相手と一緒に退会する際にかかるお金

平均活動期間が大体1年といわれているため、1年間の総額でいくらになるのか比較しましょう。

結婚相談所によっては「月会費」ではなく、お相手とのお見合いをする度にかかる「お見合い料」がかかる場合があります。

どちらがいいのかは人によって違いますが、お見合いは気になっている複数人と会う方が多いことから、「お見合い料」があると積極的に活動することができなくなる可能性があります。

大手結婚相談所の中で「お見合い料」が0円の結婚相談所は以下の7社です。

・IBJメンバーズ

・楽天オーネット

・zwei(ツヴァイ)

・ゼクシィ縁結びカウンター

・パートナーエージェント

・エン婚活

・WeBCon

これまで3つの判断ポイントを説明し、結婚相談所を紹介してきました。

そしてさらに結婚相談所選びで失敗しないための最大のポイントがあります。

それは最低2社以上の結婚相談所に無料相談や体験に必ず行くことです。

ほとんどの結婚相談所は公式ホームページを持っていて、それらを参考にしながらこれまで様々なポイントを比較検討してきました。

けれど数十社ある結婚相談所から数社に絞れても、最終的に自分に合う結婚相談所は、会社の雰囲気や担当スタッフとのフィーリングで判断する面があるため、実際に相談や体験をしてみないと決められません。

悩んだ挙句に「これだ!」と決めても、いざ利用して活動してみると「なんだか違う」と思うことはあると思います。

そのため最低2社以上は無料相談や体験に行き、十分に説明を受けた上で1社に決めるようにしましょう。

「これだけ調べて体験して決めたんだから、後悔しない!」という気持ちで納得するまで比較検討してください。

目的別おすすめ結婚相談所

今度は目的別に結婚相談所を比較し、おすすめの結婚相談所を紹介します。

確実に結婚したい!

結婚相談所を利用する人は、誰もが「確実に結婚したい!」と考えるでしょう。

ここでは確実に結婚することを目的としたおすすめの結婚相談所を紹介します。

・会員数・サポート力などすべてをカバーしたい方は「IBJメンバーズ」

「IBJメンバーズ」は日本結婚相談所連盟(IBJ)が直接運営する大手の結婚相談所です。

日本結婚相談所連盟(IBJ)は約6万人の会員数を誇る連盟で、中小の結婚相談所も加入しています。

IBJメンバーズは仲人型の徹底したサポートで55.4%という高い成婚率実績をもっています。

「成婚」とは、お見合いをしたお相手の中で真剣交際に発展し、結婚を前提として相談所を一緒に退会することです。

各結婚相談所によって「成婚率」の定義は違ってきますが、IBJメンバーズは大手の中でも成婚率がかなり高いです。

その理由は、「豊富な出会いのチャンス・方法」と「婚約・プロポーズするまでの徹底したサポート」があるからです。

業界最大級の会員数をほこり、出会いのチャンスが多く巡ってきます。

出会う方法も豊富で、仲人型・データ型・検索型など、様々な方法で理想の結婚相手を探すことができます。

婚約・プロポーズするまでサポートしてくれる結婚相談所は、IBJメンバーズ以外にあまり見当たりません。

IBJメンバーズは最後まで見届け、新しい未来へと二人を送ってくれます。

サポート力が高い分費用は比較的高額ですが、確実に結婚したいと考えている方にはそれだけの価値あります。

費用が高額になっても確実に結婚したい人には、是非ともおすすめたい1社です。

・「IBJメンバーズ」のエリア外の方は「NOZZE(ノッツェ)」

IBJメンバーズは首都圏を中心としたエリアにしか店舗がありません。

エリア外にお住まいの方には、「NOZZE」をおすすめします。

老舗の結婚相談所で、サポートが手厚く、また充実したサービスがウリです。

代表的な連盟である良縁ネット(Rnet)とも提携しており、約4万人の会員とつながることができます。

コースも複数あり、自分にあった活動のプランを選ぶことが出来ます。

またパーティが多いのが特徴で、出会いのチャンスが豊富です。

しかし一度問い合わせをすると強く営業をかけられるという口コミもあるようです。

無料体験する際もその場で本契約せずに、後日落ち着いて他の相談所と比較検討し決めましょう。

・なるべくコストを抑えたい方は「パートナーエージェント」

パートナーエージェントを鉄道会社の広告やテレビコマーシャルでみたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

最近知名度も高くなり、会員数が年々伸びている勢いのある結婚相談所です。

利用者の年齢やエリア情報などをもとにしたマーケティングで、独自の成婚KPI(結婚するためにいつまでに、何を、どれくらいすべきかの計画作り)というものを作成し、自社の特徴として打ち出しています。

定期的なカウンセリングがあり、活動計画の振り返りや反省を繰り返し行うため、1年以内の交際率が93%以上と高い実積率をほこります。

ただ注意したいのは、そのカウンセリングが年2回だけになります。

基本的には活動計画をもとに自分で動かなければならないので、手厚いサポートを期待して入会すると後悔してしまうかもしれません。

会員数もまだまだ少なく、首都圏にお住まいでないと出会いのチャンスには期待できません。

仲人紹介型の結婚相談所の中では利用料金は圧倒的に安く、結婚相談所を利用したいけど予算を抑えたいという人には選択肢のひとつかもしれません。

やっぱりコスパ重視で選びたい!

確実に結婚することも大事だけれど、今の私はやっぱりコスパ重視で選びたい!という方もいるでしょう。

コスパが良いのは、データマッチング型の結婚相談所です。

もともとサポートが手薄いデータマッチング型は、サポート力を重視するのではなく比較しやすい会員数で比較するのがいいです。

・出会いの豊富さを求める方は「楽天オーネット」

楽天グループが運営する結婚相談所が、「楽天オーネット」です。

会員数は約5万人で、他社に引けをとりません。

毎年の新規入会者数は2万人以上で、新しい出会いのチャンスも豊富です。

楽天グループが運営していることで知名度も高く、婚活を始める最初の一歩として選びやすい結婚相談所となっています。

その手軽さからか、本気で結婚したいという方だけでなく、結婚を意識し始めた人も入会しているようです。まだ結婚相談所に行かなくてもよさそうなハイスペックの美男美女が比較的多いとも言われています。

データマッチング型の中では「会員数」と「サポート力」のレベル高く、コスパがよいと言えます。

・「楽天オーネット」以外を検討したい方は「zwei(ツヴァイ)」

「zwei」はイオングループが運営する結婚相談所です。

グループ会社としても大手の企業が運営しているため、その知名度から安心感を覚える方も多いのではないでしょうか。

会員数は3万人で、充実したサービスも追い風となり法人会員も増えています。

婚活に関するセミナーが受けられることをサービスの特徴としており、婚活に必要なマナー、コミュニケーション、ファッションやメイクについての講座が開設されています。

恋愛に対して消極的だったという方には、やさしい結婚相談所なのではないでしょうか。

楽天オーネットとzwei(ツヴァイ)を比較検討し、実際に無料相談や体験をしてみて、フィーリングが合いそうなほうを選ぶといった方法が良いと思います。

・コストを安く、手軽に利用したい方 「ゼクシィ縁結びカウンター」

「ゼクシィ縁結びカウンター」は、結婚情報誌の「ゼクシィ」でも有名なリクルートが手掛けるサービスです。

「会う」ことにこだわったサービスを提供していて、紹介数は月16名と大手の中でも多く、8割の人が1ヶ月以内に実際に会うことを実現させているとのこと。

利用料もデータマッチング型の中では安く、質の良いサービスが受けられます。

2017年11月から「CONNECT-ship」というサービスの利用を開始していて、他社の会員と繋がれる仕組みを作り、今後ますますの結婚相談所としての成長に期待が持てるでしょう。

会員数も増えていて、サービスの質もいいので、まさにコスパが良いと言えます。

結婚相談所を使いこなすコツを紹介

「結婚相談所を選ぶポイントもわかったし、目的によっても変わってくるのも理解できたから、もう大丈夫!わたしの婚活は無問題!」というように簡単にはいきません。

婚活が始まるのは、結婚紹介所に登録・入会してからが勝負なのです。

結婚相談所は、婚活をする上での「手段」です。

結婚相談所のノウハウを駆使し、自分主体となって利用してこそ、結婚相談所を使いこなせているといえます。

ここでは結婚相談所を使いこなすためのコツを3つ紹介します。

・担当者とはなるべく親しくしておくこと

・写真にはなるべくこだわること

・高望みをしすぎないこと

結婚相談所を決めたら、これらのポイントを意識して活動してみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事