もう結婚相談所探しで迷わない!コンプリート版大手10社まとめ

もう結婚相談所探しで迷わない!コンプリート版大手10社まとめ

迷わないためには基準を持つことです。その基準は誰かが用意したものではなく、なるべく自分で持つようにしないと、いつまでも振り回されることになります。結婚相談所を決めるときも同じ。悩みに悩んで間違った答えを選択してしまう人もこれで安心できる、相談所探しのコンプリート版です。

目次

もう悩まない!結婚相談所の比べ方

My Heart Bubbles at the sky, sunset,Love in the summer sun with bubble blower,romantic inflating colorful soap bubbles in park

何かを比べるときには、ベースを同じにして比べることが必要です。

結婚相談所で考えると、同じ婚活スタイルをベースにしてサポート内容を比べる、活動期間を1年でそろえて料金を比べるなどです。

例えば、料金を比べるとします。

婚活スタイルには、仲介型とデータマッチング型がありますが、仲介型のA社のプランと仲介型のB社のプランは比べられても、仲介型のA社とデータマッチング型のZ社のプランは違って当然なので、比べられません。

今回は、結婚相談所各社のポイントになるデータを紹介していきます。

気になる相談所があったら、比べてみてくださいね。

仲介型の結婚相談所6社

結婚相談所の中でも大事なデータである会員数、料金プラン、会員の属性を各社見ていきます。

会員数は会員の数のことで、男性と女性を合わせた合計の人数です。

料金プランは、その相談所で人気のものやメインのプランを選んで紹介していきます。

1年以内に成婚する人が多いので、1年間活動することを想定して計算していきます。

会員の属性は、年齢、年収、職業などです。

では、まず仲介型の6社を紹介していきましょう。

1.IBJメンバーズ

IBJメンバーズの会員数は約6万人で、業界最大手です。

会員の年代は、男性の約66%が20〜30代で、女性は約88%が20〜30代です。

20代、30代の会員が多くの割合を占めていることがわかります。

そして、男性の約59%が年収600万円以上です。

中には1,000万円クラスの人もいます。

大卒以上の割合も多く、男性は約86%、女性は約68%以上です。

そんなIBJメンバーズには、いくつかのプランがありますが、女性人気No.1の「スマートプラスプラン」は、62万円です。

1年以内の成婚を目指して、専任のカウンセラーがサポートしてくれます。

あなたに合った相手も紹介してくれるサービスもついています。

婚活のプロならではのアドバイスは心強い味方になるでしょう。

月3名までの紹介で、お見合い料はかからないので、お見合いのたびにお財布が気になるということがありませんね。

成婚率は51.5%と高い水準です。

専任カウンセラーが、活動プランニングはもちろん、お見合いのサポートから成婚まで、並走してくれます。

2.NOZZE(ノッツェ)

次に紹介するのは、ノッツェです。

会員数4万人と、こちらも大手の相談所です。

会員情報の詳細は非公開なので、会員の年代や年収などを知ることはできません。

ノッツェにもいくつかプランがありますが、ノッツェの魅力を体感するなら、「お見合いアシストコース」です。

専任カウンセラーがつき、1年間の総額で51万1,500円です。

お見合い相手を探してくれて、お見合いから成婚まで、しっかりサポートされます。

3.パートナーエージェント

3社目はパートナーエージェントです。

会員数は1.2万人と大手の中では少ない印象ですが、「出会いがなければ月額費減額します」と打ち出していて、出会いには力を入れていることがわかります。

会員の年齢は、40歳までの男性が約53%、女性は40歳までの人が約80%と高いです。

大卒以上の割合も、男性は59%、女性約57%と、6割近くの人が、大学や大学院を卒業しています。

男性の約37%の人が、年収600万円より多いです。

年収ラインを少し下げ、400万円より多い人を計算すると、約79%の人が該当します。

会員情報を公開していない相談所もある一方で、パートナーエージェントは、あらゆるデータを公開しているのも特徴。

例えば、先月の成婚人数や昨年の成婚人数、1年以内の成婚率、毎月の紹介人数、毎月のお見合い人数、入会から交際までの期間平均など、他にもたくさんのデータを公開しています。

真剣に婚活したいと思っている人には、どれも知りたいリアルな情報ですね。

専任コンシェルジュがつくプラン「チームサポートコース」は、36万7,000円です。

二人三脚で成婚までサポートしてくれます。

4.サンマリエ

仲介型4社目は、サンマリエです。

会員数は約2万人です。

男性は35〜44歳が30%を超え、女性は30〜39歳が40%を超えます。

年収は、500万円以上の男性が47%、女性は300万円以上の人が62%です。

職業は、男性の78%、女性も77%の人が会社員、専門職に就いています。

結婚してからも共働きをしたい人もいると思うので、参考にしてみてください。

気になる料金プランですが、プレミアムプランの「グランマベール」は、54万8,000円です。

この金額は、1年間活動した場合の総額ですが、サンマリエはお見合いをするたびに料金が加算されます。

54万8,000円は、10回分のお見合い料を含めた金額です。

ちなみに、お見合いは1回1万円です。

5.仲人協会

ここで紹介する仲人協会は、一般社団法人仲人協会連合会の仲人協会です。

例えば、東京都仲人協会、神奈川県仲人協会のことです。

仲人協会で調べてみると、似ている名前の結婚相談所があるので、注意してください。

さて、仲人協会の会員数ですが、2.4万人です。

会員の年代や年収などは、公開されていないのでわかりません。

料金プランは、半年と1年のコースがありますが、男性が「基本1年コース」を申し込んだ場合、32万8,000円です。

女性は、24万8,000円です。

男性と女性の違いは、お見合い料です。

お見合いをした場合、男性には1回8,000円のお見合い料が加算されます。

今回は、10回お見合いすると想定して計算しています。

また、初回のお見合いは、仲人協会事務所内のサロンでできるので、初めて会う人と外出するのが苦手な人は、ワンクッションおくことができて気持ち的にも安心できそうです。

2回目以降は、外でデートできます。

その後、交際になったタイミングで、改めて成婚アドバイザーがついてくれて、成婚までサポートしてくれます。

6. WeBCon(ウェブコン)

仲介型の相談所、最後はWeBCon(ウェブコン)です。

会員数は約1万人です。

2015年3月のデータなので、古いのが少し気になるところです。

会員の年代や年収は公開されていないので、わかりません。

料金プランは、男性と女性で大きく違います。

男性の「エクセルコース」は、年間総額60万円です。

専任カウンセラーがつきます。

お見合い料が1回1万円かかり、ここでは10回のお見合いを想定した金額です。

女性のプラン「プリンセスコース」は20万円で、入会金やお見合い料がかからず、成婚した場合のみかかります。

だからといってサポートがないわけではなく、カウンセリングもあり、婚活の相談にも乗ってくれます。

データマッチング型の相談所4社

続いては、データマッチング型の結婚相談所を紹介します。

データマッチング型は、会員サイトにログインして、自分で相手を探すことが主体のスタイルです。

自分で婚活プランを考えて、積極的にアプローチができる人や、できるだけコストを抑えたい人に合っている方法です。

仲介型と同じく、会員数、料金プラン、会員の属性を見ていきます。

料金プランが複数ある相談所もありますが、その相談所で人気のものやメインのプランを選んで紹介していきます。

1年以内に成婚する人が多いので、1年間活動することを想定して計算していきますね。

1.楽天オーネット

データマッチング型では最大手の楽天オーネット。

会員数は、4.9万人で、毎月約2,000人の新規入会者がいて、勢いがあります。

男性は20〜39歳の割合が51%、女性は20〜39歳の割合が72%です。

学歴ですが、大卒以上の人が、男性は64%、女性は56%と半分以上の人が、大学や大学院を卒業しています。

次に年収ですが、男性は500万円以上の人が62%、女性は300万円以上の人が72%です。

その他、楽天オーネットでは、地域別の構成比や職業別の構成比、婚姻歴の比率などのデータも公開されていますので、参考にしてみてください。

料金プランは、「プレミアムプラン」が、27万2,800円です。

この料金には、提携しているフォトスタジオでの写真撮影も含まれています。

活動は、個人の専用ページからログインして、条件に合う相手を検索していきます。

また、自分で探すほかに、データマッチングで自動的に毎月6人紹介されます。

専用ページに紹介書が届くので、効率的に婚活を進めることができます。

2.zwei(ツヴァイ)

データマッチング型の2社目は、ツヴァイです。

会員数は、約3万人です。

男性は20代と30代の割合が約35%、40代は約42%となっています。

女性は20代と30代は約59%を占めていて、40代は約31%と低く、女性は20〜30代の会員が多いです。

大卒以上の割合は、男性が約67%、女性が約57%です。

次に年収ですが、700万円以上の男性の割合は28%、500万円以上で見ていくと約68%の人が該当します。

料金プランは、「パーソナルアクティブ」の月6人紹介のコースを選ぶと、総額27万600円です。

これは、1年間活動するときの金額です。

年間の紹介人数によって月会費が変わる仕組みなので、もう少しコストを抑えたい人は、月6人紹介ではなく、月3人紹介にすることで、総額約27万円から1万4,400円安くすることもできます。

3.ゼクシィ縁結びカウンター

次は、結婚雑誌のゼクシィでおなじみのゼクシィ縁結びカウンターです。

会員数は、2.3万人です。

男性は、20〜35歳までの割合が40%、女性は69%。

もう少し幅を広げて、20〜40歳までで見てみると、男性は67%、女性は93%です。

大卒以上の割合は、男性が74%、女性が60%です。

料金プランは、「スタンダードプラン」で22万2,000円です。

紹介からのお申し込みは月6人。

データマッチング型ですが、専任のコーディネーターがつき、3ヶ月に1回、面談があります。

4.エン婚活

データマッチング型で最後に紹介するのは、エン・ジャパングループが運営するエン婚活です。

会員数は、約2.2万人。

男性は、20〜35歳の割合が約30%、女性は約57%です。

もう少し幅を広げて、20〜40歳までで見てみると、男性は約55%、女性は約83%です。

大卒以上の割合は、男性が71%、女性は63%です。

次に男性の年収ですが、600万円より多い人が約44%です。

年収400万円より多い人の割合で見てみると約87%です。

その他、職業、結婚歴や離婚歴などのデータも公開しているので、参考にしてください。

料金プランは、登録料と月会費のみで、15万3,800円です。

1年間活動した場合の金額です。

データマッチング型の相談所の中でも特にリーズナブルといえます。

安さの秘密は、オンラインで完結するスタイルで、実店舗を運営するコストがかからないからです。

専任コンシェルジュとのやり取りは、全て電話かメールで行われます。

また、会員のために、魅力を磨く動画講座も配信されているのも特徴的ですね。

結局どこの相談所がいい?

さてここまで、仲介型6社、データマッチング型4社を紹介してきました。

これでも全国にある結婚相談所の一部なのですが、相談所の情報がありすぎて、選べない人もいると思います。

そこで、トータルで考えて、仲介型の相談所を1社、データマッチング型の相談所を1社、ピックアップしてみました。

仲介型ならここ!

専任のカウンセラーについてもらい、しっかりサポートを受けたい人は、仲介型が合っています。

会員数や細かい会員データ、サポート内容などを総合的に考えると、IBJメンバーズがおすすめです。

1年間活動した場合で、総額62万円です。

会員数は業界トップで、年齢や年収の会員データを公開しているので、入会してみないと全くわからないということがなく安心ですし、成婚率は51.5%と高い水準です。

結婚相談所の中には、成婚=交際と定義しているところもありますが、IBJメンバーズは成婚=結婚ですので、半数以上の人が結婚まで至っていることがわかります。

また、2人に1人が半年以内に成婚しているという嬉しいデータがあります。

成婚に至るまでは、約1年間と言われているので、これは短期間での成婚を意味しています。

お付き合いで見てみると、80%以上の人が、3ヶ月以内にお付き合いを始めています。

もちろん、結婚を前提にした真剣なお付き合いです。

短期間で集中して婚活をして、理想の相手と結婚したい人は、IBJメンバーズを検討してみてくださいね。

データマッチング型ならここ!

データマッチング型では、ゼクシィ縁結びカウンターをおすすめします。

2018年オリコン顧客満足度調査の結婚相談所部門1位を獲得しました。

1年間活動した場合は、22万2,000円です。

データマッチング型ですが、専任のコーディネーターがつき、定期的に面談が実施されます。

通常のサポートはメールだけでなく、電話でも対応してくれます。

婚活スタートから1ヶ月以内に、約80%の人がデートをしているデータもあります。

また、お見合い料や成婚料がかからないので、その分コストが抑えられます。

抑えられた分は、女性はファッションやメイクにお金をかけてもいいですし、男性も身だしなみを整えるために投資してみるのもいいですね。

「一番自分が優先した要素」を大事に!

トータルで考えたとき、IBJメンバーズとゼクシィ縁結びカウンターをおすすめしましたが、あなたは、あなたの基準を持って、検討してみてください。

最初に「比べるときはベースをそろえる」というお話をしましたが、こここでのベースはあなたが基準にしたいことです。

正解はないので、これを優先したいという基準をベースにしてみてください。

一番シンプルなのは、料金ですね。

60万円のラインでは、どんなサービスが受けられるのか比較検討してみる。

または、月の紹介人数をベースにしてみるのもいいでしょう。

結婚相談所に入会を検討しているということは、本気で結婚したい人だと思うので、結婚を表す成婚率で比較するのもいいですね。

まだ相談所の情報収集を始めたばかりで、何を基準にしたらいいのか、決められない人もいると思います。

そういう方は、「まずは30万円以内で探してみよう」「毎月3人の人と会うことを想定してみよう」など、予算や紹介人数を仮で決めてみるといいでしょう。

どこの相談所も無料相談を実施していますので、気になる相談所があったら、無料相談を利用してみてください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事